ある意味ひきこもりのブログ

ひきこもりのような、フリーターのような、訳が分からない身分の私のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

機動戦士ガンダムOO  第19話  感想



世界の未来は何処へ・・・


前回、スローネ3機に攻撃した刹那。
1対3ではさすがに劣勢です。
しかし、そこへティエリアが加勢。
ナドレの能力でヨハンとネーナを操作不能に追い込みます。
ところが、突如ナドレの能力がキャンセルされます。
動揺して動きの止まったナドレを攻撃しようとするヨハンとネーナ。
そこで登場するロックオン。
ここでヨハンは撤退を指示。ロックオンの本名と刹那の情報を話して足止め。

一方、ガンダムへの対処を考えあぐねていた各国に情報提供が・・・。
南極大陸に集まった各国軍メンバーが見た物は、複数のGNドライブだった・・・。


さて、私としては事態が大きく動いてきた感がある第19話でした。
情報を流したのは誰か?
トリニティの言っていた「ラグナ」は絹江のたどり着いた人物なのか?
情報を流したのは王留美かアレハンドロっぽいですが・・・。
今までで一番刹那が主人公してたような気がします。
GNドライブを入手した各国がどんな対ガンダム用MSを開発するかが気になりますね。




次回  第20話  「変革の刃」



*お知らせ
今後、みなみけ?おかわり?の感想は基本的に書くのを取りやめます。
どうぞご了承ください。

スポンサーサイト
2008年度終了アニメ | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<近況報告 | HOME | 機動戦士ガンダムOO  第18話  感想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

灯里「もちろんグラハムさんの出番はありますよね?『ねんがんのガンダムのビームサーベルを手に入れたぞ!』とか言って」 …
2008-02-17 Sun 17:40 白狼PunkRockerS
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。